葬儀社と打ち合わせ 株式会社館林博善社

葬儀社と打ち合わせや
葬儀に向けた準備をする

故人との最後のお別れを滞りなくご希望に叶ったご葬儀となりますように、以下のことをご遺族と打ち合わせさせていただきます。

館林博善社

喪主を決める

喪主は遺族の代表として葬儀を主催し、葬儀社との打ち合わせも喪主が主になり行います。
一般的に家長にあたる親族が喪主を務めますが、既婚者の場合は配偶者、未婚者の場合は親・兄弟が行うことが多いです。
また、故人の配偶者が高齢あるいは亡くなられている場合は、故人の子供が喪主を務めます。
故人に一番近い親族の成人の方が喪主を務めることが望ましいです。
親族がいらっしゃらない場合は、故人と親しかった方にお願いすることもできます。

葬儀の日時決定

葬儀の日時を決めるため、僧侶にお勤めを依頼しなければなりません。
檀家の寺院がある場合は、僧侶のご都合をご確認ください。
また、火葬場の空き状況も踏まえて葬儀社と日時を決めます。

関係者・近隣・知人へ連絡する

葬儀の日時が決まりましたら、どこまでの人に訃報を知らせるかを決めます。
親族、故人が親しくしていた方々、故人が所属していた団体や勤務先などに、葬儀の日時・場所を連絡します。

葬儀社のプラン決定、見積もりをとる

訃報を知らせる範囲が決まれば、葬儀プランのお見積りを立てることができます。
祭壇、香典・供花のご用意、その他のサービスなどご希望に合った葬儀プランをご案内します。

葬儀に必要なものを揃える

葬儀にあたり喪服、遺影の写真の準備をしましょう。
それと、僧侶へのお布施・戒名料の支払いには現金の用意が必要になります。

死亡届を役所に提出する(重要:死亡届を出すと故人の資産は凍結される)

医師から「死亡診断書」を受取りましたら、死亡届と死亡診断書を役所に提出します。
ただし、死亡した事実を銀行が知れば口座はすぐに凍結されて、故人の口座からお金を引き出すことができなくなります。
長く病院や施設で闘病なさっていた場合、入院費用や介護費用の支払いがありますので、死亡届を提出する前に必要費用を引き出しておくのがよいでしょう。
それ以上の金額を引き出した場合、使途不明金として税務調査に関わります。

火葬許可申請書の提出・火葬許可証の交付

火葬には「火葬許可証」が必要です。
役所に死亡届を提出すると、火葬許可申請書を提出することができます。
火葬許可申請書を提出し「火葬許可証」を発行してもらいます。

喪服を用意する

葬儀にあたり喪服や小物を用意しましょう。

男性の喪服

  • 準礼装であるブラックスーツ (上着はシングルでもダブルでも可)
  • 白い無地のワイシャツ (NG:開襟シャツ、カラーシャツ、織り模様のシャツ)
  • 黒い無地で結び下げのネクタイ (光沢のないもの、ネクタイピンは不要)
  • 黒無地の靴下
  • 黒でシンプルなデザインの革靴

女性の喪服

  • 黒でシンプルなデザインのワンピース、アンサンブル、ツーピース、和装 (肌の露出は避ける)
  • ひざ下丈以上の長めのスカート
  • 黒のストッキング (光沢のないもの)
  • 一連のネックレス (真珠・黒曜石・黒オニキス)
  • 黒いパンプス (光沢のないもの)

現金(30~50万円)を用意しておく

僧侶へのお布施(読経料、戒名料、お車代など)は、葬儀中に現金で支払わなければなりません。
30~50万ほど現金を用意しておきましょう。
現金を入れる封筒の表書きは「御布施」となります。

菩提寺があれば連絡。僧侶と戒名を相談する

菩提寺とは先祖代々のお墓がある檀家になっている寺院のことです。
菩提寺があれば葬儀のお勤めの依頼をし、僧侶のご都合をお伺いして日時を決めましょう。
また、故人の戒名を相談しましょう。

遺影写真を手配する

最近では生前に遺影用の写真を用意している方もいらっしゃいますが、なければ家族写真や免許証など故人の顔がはっきり写っている写真をご用意いただければ大丈夫です。

葬儀社と打ち合わせ

葬儀に向けた
準備をする

故人との最後のお別れを滞りなく
ご希望に叶った
ご葬儀となりますように、
以下のことをご遺族と
打ち合わせさせていただきます。

  
葬儀社と打ち合わせ サブメインイメージ

喪主を決める

喪主は遺族の代表として葬儀を主催し、葬儀社との打ち合わせも喪主が主になり行います。一般的に家長にあたる親族が喪主を務めますが、既婚者の場合は配偶者、未婚者の場合は親・兄弟が行うことが多いです。
また、故人の配偶者が高齢あるいは亡くなられている場合は、故人の子供が喪主を務めます。
故人に一番近い親族の成人の方が喪主を務めることが望ましいです。
親族がいらっしゃらない場合は、故人と親しかった方にお願いすることもできます。

葬儀の日時決定

葬儀の日時を決めるため、僧侶にお勤めを依頼しなければなりません。
檀家の寺院がある場合は、僧侶のご都合をご確認ください。
また、火葬場の空き状況も踏まえて葬儀社と日時を決めます。

関係者・近隣・知人へ連絡する

葬儀の日時が決まりましたら、どこまでの人に訃報を知らせるかを決めます。
親族、故人が親しくしていた方々、故人が所属していた団体や勤務先などに、葬儀の日時・場所を連絡します。

葬儀社のプラン決定、見積もりをとる

訃報を知らせる範囲が決まれば、葬儀プランのお見積りを立てることができます。
祭壇、香典・供花のご用意、その他のサービスなどご希望に合った葬儀プランをご案内します。

葬儀に必要なものを揃える

葬儀にあたり喪服、遺影の写真の準備をしましょう。
それと、僧侶へのお布施・戒名料の支払いには現金の用意が必要になります。

死亡届を役所に提出する
(重要:死亡届を出すと故人の資産は凍結される)

医師から「死亡診断書」を受取りましたら、死亡届と死亡診断書を役所に提出します。
ただし、死亡した事実を銀行が知れば口座はすぐに凍結されて、故人の口座からお金を引き出すことができなくなります。
長く病院や施設で闘病なさっていた場合、入院費用や介護費用の支払いがありますので、死亡届を提出する前に必要費用を引き出しておくのがよいでしょう。
それ以上の金額を引き出した場合、使途不明金として税務調査に関わります。

火葬許可申請書の提出・火葬許可証の交付

火葬には「火葬許可証」が必要です。
役所に死亡届を提出すると、火葬許可申請書を提出することができます。
火葬許可申請書を提出し「火葬許可証」を発行してもらいます。

喪服を用意する

葬儀にあたり喪服や小物を用意しましょう。

男性の喪服

  • 準礼装であるブラックスーツ (上着はシングルでもダブルでも可)
  • 白い無地のワイシャツ (NG:開襟シャツ、カラーシャツ、織り模様のシャツ)
  • 黒い無地で結び下げのネクタイ (光沢のないもの、ネクタイピンは不要)
  • 黒無地の靴下
  • 黒でシンプルなデザインの革靴

女性の喪服

  • 黒でシンプルなデザインのワンピース、アンサンブル、ツーピース、和装 (肌の露出は避ける)
  • ひざ下丈以上の長めのスカート
  • 黒のストッキング (光沢のないもの)
  • 一連のネックレス (真珠・黒曜石・黒オニキス)
  • 黒いパンプス (光沢のないもの)

現金(30~50万円)を用意しておく

僧侶へのお布施(読経料、戒名料、お車代など)は、葬儀中に現金で支払わなければなりません。
30~50万ほど現金を用意しておきましょう。
現金を入れる封筒の表書きは「御布施」となります。

菩提寺があれば連絡。僧侶と戒名を相談する

菩提寺とは先祖代々のお墓がある檀家になっている寺院のことです。
菩提寺があれば葬儀のお勤めの依頼をし、僧侶のご都合をお伺いして日時を決めましょう。
また、故人の戒名を相談しましょう。

遺影写真を手配する

最近では生前に遺影用の写真を用意している方もいらっしゃいますが、なければ家族写真や免許証など故人の顔がはっきり写っている写真をご用意いただければ大丈夫です。