博善社が考える葬儀とは 株式会社館林博善社

葬儀とは

大切な家族を思い遣る…
愛する人に思いを馳せる…
葬儀とは、生きるてる方のためのセレモニー
残ったご家族に対してのセレモニー
長い時間をかけて、受け入れていくためのセレモニーでもあると、私たちは考えます。

館林博善社

大事な方がお亡くなりになった時、残されたご家族・ご親族は深い悲しみの中で、突然「葬儀」という人生の大きな節目に身を置かれます。

大それたことはできないかもしれません。
私たちにできることは、遺されたご家族皆様のお話に耳を傾け、故人の面影をより偲ぶことのできる葬儀をサポートすること。

何度、葬儀に際しても、慣れは厳禁と戒めて。
一生の、一人ひとりのセレモニーだと思って、ひとつ一つ心を込めて送り届けられるように。

例えば、家族葬。
規模は小さくとも、大切なご家族を送り届けることに変わりはありません。家族への思いに変わりはありません。
なので、その中でもしっかりと送って差し上げたい。

万が一のとき、誰も葬儀のことは分かりません。

だから何でも聞いて欲しいのです。悩みがあったら、何でも聞いて欲しいのです。

誰もが不安に思うこと、せめて葬儀のことについては

お亡くなりになったご家族から安心してお任せいただけるよう、

万が一のときは真っ先に「博善社」と思ってもらえるよう、

そんな会社になれるように。

今までの葬儀の伝統・文化・歴史は守りつつ

ご家族の「想い」「希望」に耳を傾けて

これからのご家族の形にあったご葬儀を一緒に考えて実現していきたい。

故人様との新たな・・・最後の門出、そしてお別れとなるご葬儀を、「いつまでも心の中に残る暖かい思い出の場所」にするために。

それを心に秘めたご家族の皆様が、自分の人生を新たに見つめなおして、明日を少しでも、より強く生きていけるきっかけのセレモニーとなるように。

私たちは日々精進し努めてまいります。

合 掌

館林博善社が考える葬儀

葬儀とは

大切な家族を思い遣る…
愛する人に思いを馳せる…
葬儀とは、
生きるてる方のためのセレモニー
残ったご家族に対してのセレモニー
長い時間をかけて、
受け入れていくための
セレモニーでもあると、
私たちは考えます。

  
館林博善社が考える葬儀 サブメインイメージ

大事な方がお亡くなりになった時、残されたご家族・ご親族は深い悲しみの中で、突然「葬儀」という人生の大きな節目に身を置かれます。

大それたことはできないかもしれません。
私たちにできることは、遺されたご家族皆様のお話に耳を傾け、故人の面影をより偲ぶことのできる葬儀をサポートすること。

何度、葬儀に際しても、慣れは厳禁と戒めて。
一生の、一人ひとりのセレモニーだと思って、ひとつ一つ心を込めて送り届けられるように。

例えば、家族葬。
規模は小さくとも、大切なご家族を送り届けることに変わりはありません。家族への思いに変わりはありません。
なので、その中でもしっかりと送って差し上げたい。

万が一のとき、誰も葬儀のことは分かりません。

だから何でも聞いて欲しいのです。悩みがあったら、何でも聞いて欲しいのです。

誰もが不安に思うこと、せめて葬儀のことについては

お亡くなりになったご家族から安心してお任せいただけるよう、

万が一のときは真っ先に「博善社」と思ってもらえるよう、

そんな会社になれるように。

今までの葬儀の伝統・文化・歴史は守りつつ

ご家族の「想い」「希望」に耳を傾けて

これからのご家族の形にあったご葬儀を一緒に考えて実現していきたい。

故人様との新たな・・・最後の門出、そしてお別れとなるご葬儀を、「いつまでも心の中に残る暖かい思い出の場所」にするために。

それを心に秘めたご家族の皆様が、自分の人生を新たに見つめなおして、明日を少しでも、より強く生きていけるきっかけのセレモニーとなるように。

私たちは日々精進し努めてまいります。

合 掌